【人生快感!】自分に都合のよい見方をするのはなぜ??

こんにちは!
さほの智子です!

例えば、しょっぱい物が大好きな人が、
「塩分は体に良くない」という情報を耳にしたとき、
自分が非難されたような、
分かってるけど分かりたくないというような、
「何だか不快」な気持ちにがわいてきます。
これを「認知的不協和」と言います。

そして人間はこの「何だか不快な気持ち」を緩和するために、
「無意識に」これに代わる情報や肯定する情報を集めがちになるんです。

「しょっぱい物を食べても糖尿病にはならない」
「しょっぱい物だけで甘い物を食べてないから大丈夫」等々。

同じことが例えば仕事に関しても言えるかもしれないなー、
と最近思います。

大きな不満があるのは分かっているのに、
確実に今動いた方が良い!と思う気持ちもあるのに、
そんな仕事をしている自分に対して感じる、
「がっかり」「怒り」「つまらない」「無力感」etc.
という「なんだか不快な気持ち」がわいてきたとき、
無意識に、行動しないことを正当化する情報を多く集めてしまう
みたいな。

行動しない、出来ないのは、
それを正当化する情報を集めてしまいがちな、
人間の心の働きのせいだと分っていたら、
肯定する情報も否定する情報も、
全部集めることができて、
広い視野で考えて、行動することが出来るのでは!
と思います!

2019年05月14日